漁撈機械部門(ぎょろうきかい)

世界最大の水産物輸入国である日本の市場を目指し、漁業の近代化が進むアジア諸国。弊社ではこの動きに注目し、早くからアジアを視野に入れた事業展開を行ってきました。
現在、そのエリアは韓国、台湾、フィリピンから江蘇・上海を中心とした中国沿岸地域にまで及び、高品質な製品と先進のノウハウを通じて、漁業の効率化とレベルアップを支えています。

200 海里時代を迎え、漁業従業者の減少も続くいま、限られた漁場で安定した漁業の展開を図るためには、作業の省力・低コスト化、資源の高度利用。環境保全型漁業の推進等がますます必要となってきています。

菊谷エンジニアリングでは、漁業の未来を見つめ、キクタニ式の「投餌機」「撹拌造粒機」「造粒プラント」をはじめ、網捌機、自動巻揚機、自動洗網機等、数々の省力化製品を開発してきました。

漁船の建造・改造から、魚群探知機、レーダー、ソナー、救命いかだ、セーフティーアンカー等の漁船備品の製造・販売とあわせ、今後も「より効率的な漁業」のための技術・製品を追求してまいります。


全自動洗網機 LT 型シリーズ[繰落式] (そうらくしき)

養殖網洗浄機の実績によりユーザーより高い評価を戴き、新機種 LT 型 (定置網用) を開発致しました。
洗浄ユニットを 2 台にすることにより、時間短縮、省力化が実現しました。
ニーズに合わせ LT-6 〜 LT-10 型まで巾広く機種の選定及びオプション (汚水タンク等) の選定が可能です。


洗浄中の様子
生簀網を一度に 2 〜 3 枚セットし、スタートボタンを押すと、後は自動的に洗浄ユニットが洗浄しながら移動、洗浄完了と共に自動的に停止する、無人運転可能タイプとなっております。




寸法 A.10m / B.3.70m / C 2.2m (上図中の A, B, C)
使用水量 290 リットル/min × 2 台
動力 70kW
能力 20m × 150m 180 分



全自動洗網機 LB 型シリーズ[走行式]

生簀網を一度に 2 〜 3 枚セットし、スタートボタンを押すと、後は自動的に洗浄ユニットが洗浄しながら移動、洗浄完了と共に自動的に停止する、無人運転可能タイプとなっております。


飼料自動計量器付 モイストペレット製造装置

この機械は、ミンチ状につぶされた冷凍餌と配合飼料・栄養剤などを混合し練り上げられた原料をペレット状に圧縮し成型する装置です。

写真は、撹拌機 1000kg×2 基、700kg×4 基で、8 時間 40t 以上の処理能力です。


EP 投餌船

この機械は、EP ・ドライペレットを船底より上部定量タンクに搬送しエアーで投餌する装置です。
標準の計量は回転による方式ですが、ロードセルを使用した計量器方式も製作しています。
処理能力は、投餌量約 1 時間 500kg 〜 3000kg 切り替え式です。


冷凍餌投入装置

この機械は、船積又はモイストペレット製造装置用に開発した製品で、冷凍ブロック (約 15 ) 1 段 8 枚× 10 段積みのパレットを 1 段ずつ自動で、クラッシャー (破砕機) に投入する装置です。











年間の社内行事と、クラブ活動について紹介しています。